あかし出版

新刊情報

漢方専門医の脳外科医が書いた漢方の本・入門編

漢方専門医の脳外科医が書いた漢方の本・入門編

2021年5月15日発行
予価1,980円
來村昌紀 著

耳にすることはある、でも漢方ってよくわからない。どんな症状に処方されるの?どんな風に処方されるの?そう思っている全ての人に贈る、最適な入門書ができました。「頭痛の本」の來村先生が漢方についてのあれこれをわかりやすく解説します。

千葉漢方の伝統を紡ぐ~私の傷寒論~

千葉漢方の伝統を紡ぐ
~私の傷寒論~

2021年3月下旬発行
定価3,850円
今田屋章 著
並木隆雄 編集

本書は吉益東洞の系譜をくむ千葉古方派の一人である著者の、傷寒論との対話の軌跡です。ここには現在漢方製剤の普及で見失いがちになっている漢方医学の真髄があります。傷寒論を現代の臨床にどう活かしていくかに関する書籍は近年稀れです。病名漢方から卒業したい方。漢方の力をステップアップしたい方にお勧めいたします。

ショッピングサイトへ

「漢方専門医の脳外科医が書いた漢方の本・入門編」発売記念動画

ごあいさつ

あかし出版は、昨今の出版不況の中にあって、
それでも今後の医学の発展のため、何としても後世に遺しておきたい医療書籍を出版することを目的に、2016年2月、神田神保町で生まれた小さな出版社です。

年々早くなる時代の変化のなかで、医学の分野だけに限らず、改めて顕すこと、遺すことの大切さを感じております。どうぞ温かいご支援と、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

株式会社あかし出版 代表顧問 檜山幸孝
本社 東京都千代田区神田小川町3-9
(HP:http://www.akashishuppan.com)
連絡先 総務部 939-8073 富山県富山市大町2区1-7
TEL 076-492-8528 FAX 076-482-6675 (あかし出版について